アングラーズアイドルやベリーガールズは釣り業界の広告塔として機能するの? - 今週も鯵釣る? Season 2

今週も鯵釣る? Season 2 ホーム » 雑記 » アングラーズアイドルやベリーガールズは釣り業界の広告塔として機能するの?

アングラーズアイドルやベリーガールズは釣り業界の広告塔として機能するの?

年末が近づいてくるとフィッシングショーの話題がちらほら出てくる。
まぁ、毎年行こう行こうと思いつついってないんだけど。

フィッシングショーと言えば、これも毎年話題となるアングラーズアイドル2018の応募が締め切られたらしい。一次審査結果の発表は11/1だそうだ。

果たして今年は、ちゃんとした「釣りガール」が選考に残るのか?
まぁ、無理だろうな。大人の事情満載の結果になるのは今から見えてる。






11/1のアングラーズアイドル2018の一次審査結果発表前には、これもまた毎年恒例(?)のタックルベリーのベリーガールのWeb投票が10/31に締め切りを迎える。そしてこちらも相変わらず、

「釣りに関しては初心者なのですが、お魚は大好きです」
「釣りの経験はありませんが、父が釣り好きで~」
「釣りは初めてに近いのですが、小さい頃に両親と一回だけ釣り堀に行ったことがあり~」
「釣りに関しては、全くの初心者ですが~」

SNSをちょっと見回せば本物の釣りガールがいくらでも見つかる今の時代に、よくもまぁこれだけ釣りと関係ない人に絞り込んだなぁ、、、と。アングラーズアイドルも同じだけど。

ベリーガールなりアングラーズアイドルなりに選ばれた後に、結果として、ちゃんと釣り業界で活躍するくらい本気の釣り好きになってくれるなら良いと思うけど。
「芸能界」への入り口的な手段の一つとして世に数ある○○ガールズ、○○オーディションのひとつとして所属モデルを出場させる中小芸能事務所の戦場になってる感は否めないよね。

釣りガールの草分けといえばコジレイこと児島玲子さんだけど、「釣りアイドル」を入り口にしてれくらいにまで上り詰めればすごいんだけどね。そういや最近あんまり見ないな

フィッシングショーやタックルベリーみたいな大きな母体が主催すると色々大人の事情が絡んで、前述のように、出てる人の多くがそもそもタレント事務所所属だったりする。

オーディションジプシーみたいな人も多くて、そういう中に単身乗り込んで行く、本当のつり好きの釣りガールたちがちょっとかわいそうな気がする。

今はハピソンのスタッフ(?)などで活躍してるらしいaricoこと鈴木ありささんとかは、前回(?)だかのアングラーズアイドルオーディションで落選して、ツイッター界隈では、本当のアングラーのフォロアーさん達から多くの声援を受けたた覚えがある。

この子がもともと事務所に所属してたかどうかは知らんけど、ツイッターの履歴から明らかに本気のつり好きだってのは誰でもわかるから、応援したくなるのはわかる。


この子を使ったハピソンさんって目の付け所が良いと思う。おそらく、SNSをやってるガチの釣り人たちにはアングラーズアイドルオーディション優勝者よりこの子のほうが認知度高いんじゃないかな?

釣具関係の中小メーカー、ブランドの皆さん、アングラーズアイドルやベリーガールズのオーディションで、落選した人の中に居る本物の釣りガール達はマーケティング的に非常にお買い得だと思いますよ!!

ちなみに・・・・

wikiのタックルベリーの項目内にある歴代ベリーガールズの名前を見ると、リンクが作られてる、つまり、wikiにページがある=少なくとも一部の層では認知度があると思われる子が60人中15人。
他の45人はおそらく華やかな世界の入り口に立ったもののひっそり消えていったんだと思う

これを多いと見るか少ないと見るか、、







にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://namashirasu.jp/tb.php/446-7ea419c3