レオンさんがツイッターで急に外来種問題についてつぶやいた - 今週も鯵釣る? Season 2

今週も鯵釣る? Season 2 ホーム » マナー問題 » レオンさんがツイッターで急に外来種問題についてつぶやいた

レオンさんがツイッターで急に外来種問題についてつぶやいた

先日、ライトソルト界隈で有名なインクスレーベルの代表のレオンさんが、突然こんな事をツイッターでつぶやいた


一連のツイートはこんな感じ
IMG-2650.jpg IMG-2651.jpg IMG-2652.jpg 

控えめに言って酷い


何が酷いかって、

・この人は外来種を語るべき人じゃない
・そもそもの発端のツイートが論点めちゃくちゃ
・翌日「呑んでいた」と言い訳はじめてる

まず、第一にこの人の業界での立ち位置からして、淡水魚の外来種問題に首突っ込んじゃいけないと思う。釣り業界の世間一般的にはソルトの釣り人なわけで。

マーケット的に考えると「釣り業界」と「バス業界」は別の業界って考えても良いんじゃ無いかってくらいの関係だと思う。つまり、他業界に首突っ込んでる感が否めない。

そして、こと「外来種問題」「害魚問題」に関して言えば、これを擁護する側、利用してビジネスしたり楽しんでいる側に立つ人間はどんなロジックで話をしようと、そこに正義は絶対に無い。
勘違いして欲しくないのは、擁護・利用者側が悪だと言っているんじゃない

対象が人間によって移植された外来種である限り、あるべき姿の自然を守る=在来種を守るという側に対して擁護・利用側は相対的に「正義」にはなれないのだ。

この話題は、少なくとも20年以上前からバサー及びバス業界やその周りで延々と続けられていて、多くのバサーや業界の人たちが、各方面と折り合いをつけながら業界を守ってきている。

正々堂々と
「外来種問題なんて存在しない。だからバスフィッシングは何もやましい事は無い」
なんていう風潮にするのは不可能だし、おそらく業界の多くの人がそれをわかっていてやってきているはずだ。

卑屈になる必要はまったく無いと思うけど、正面切って突っ込んでいっても決していい方向には行かない。

そんな事は一介の趣味バサーだった自分でさえ20年以上前に十分学んだ事だ。
当時、新潟県で開かれたフォーラムに参加したり、自治体の勉強会に参加して各地の「害魚問題」の情報をそこそこ集めたので、この問題の難しさ、奥深さは重々わかっているつもりだ。

当時バスプロの人に話しを聞いたりもした。

それを何をいまさら、畑違いの人が語り始めたのか?

おそらく、バス界隈の人たちにとってもこの発言は迷惑になんじゃないだろうか?

「畑違いの奴がよけーな事言って、ざわつかせるなよ。。。」

そんな風に思わないかな?

一般の人から見れば、釣り業界の有名っぽい人が、害魚問題を悪いことじゃ無いと肯定的に話してる!!
そんな風に取り上げて、問題を大きくする事だって出来ちゃう。

最近視聴率が良いと話題の、池の水抜いたりする番組で外来魚が取り上げられる機会が多いから、それの派生で、日本の古来からの外来魚(笑)の問題も蒸し返されたりしてる流れの中で何かがあってのツイートだと思うけど、あまりにも軽すぎるし的外れすぎる。

一言で言って、この問題に対する勉強が足りて無さ過ぎる

生物学的とか環境学とか自然科学とかの学問的な外来魚や在来種に関する勉強じゃなく、釣り人が語るべき外来種問題について勉強が足りない。

食ってる食物が外来種かどうかなんてまるっきり関係ないし、地球規模で言えば、世界中で外来種に関しては問題になっているし、どぶねずみやセイタカアワダチソウは人の手によって故意にもたらされた物では無い。
この「人の手によってもたらされた」っていうのが結構なキーポイントでそれが官製の組織的なものか、個人のペットの放流かどうかの違いはマクロ的には大きな違いではない。


ブラックバスによって環境や生活が脅かされた人の数とか規模に云々についてはもう話にならない。
生活被害については、もう語りつくされてるけど、琵琶湖や霞ヶ浦の漁師さんは被害にあっているし被害者がいる限りその規模は大きな問題ではない。

何より、そもそも、外来種問題っていうのは経済問題や環境問題だけで語られているのではなく、政治問題、感情論、ビジネス問題等取り上げ方によって様々な切り口があり、問題を取り上げてる側と反論してる側が、別の論点で延々と主張して何一つかみ合ってないなんて事がしょっちゅうある。

そして今回のレオン氏のツイートはその140字未満の文字数だけで、論点がぐちゃぐちゃだ。
ツイートのきっかけがわからないが、何かへのレスポンスとして見た場合、既に破綻している。

ただ、上に書いたとおり、どんなに正しくレスポンスしても、どの論点で取り上げられても、真正面から反論しようとした場合擁護派は絶対に「正しい」側にはならないのがこの問題の本質だと言うことが多分理解できてない。

ずるい言い方だけど、少なくとも釣り業界(バス業界)側の人たちはこの問題を敢えて取り上げても、それがどういう切り口であれ、メリットなんてほぼ絶対無いのだ。

そんな問題は無いものとして一切取り上げないのが一番だし、話題自体に自ら関わって行かないのが一番なはずだ。

どんな知識や見識があろうと、世間一般から見た場合、その知識で外来種を問題視する人たちを納得させる事なんて一切出来ないと思ったほうがいい。

いや、釣り業界の中だってバスを外来種として問題視してバス業界を良く思ってない人は少なからずいるのだから。

バス業界以外の釣り業界の人がこの問題に突っ込んでいくのは、バス業界側からしたらおそらく迷惑のほうが大きいだろう。


そして最後に最悪なのが「酒」を理由にしての言い訳。
コレは、この問題どうこう以前に人として最悪。口から出た言葉は消せない。インターネットに書いた言葉は完全に削除することはほぼ不可能。

狭い範囲かも知れないけど、釣り業界のライトソルト界では、影響力が小さくない人なんだから、ツイッターとはいっても発言には気をつけるべきだし、発した内容には責任を持つべきだと思う。

はじめの論調で続けるか、やめて無視するか、謝るか。少なくとも酒のせいにして無かった事にしたり、本意ではなかったと言い訳するのはかっこ悪すぎる。

レオンさん、嫌いじゃ無かったんだけど、今回の件はちょっとなぁ。。。。。

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

コメント
非公開コメント